本文へスキップ
  
 




「新年のご挨拶」


 あけましておめでとうございます。
 改元が行われる記念すべき新年を、会員の皆様にはお健やかにお迎えのこととお慶び申し上げます。
 昨年は、異常気象が報じられる中、記録的な寒波・猛暑、集中豪雨、台風、地震と自然災害に襲われた年でした。会員被災者の皆様には、心よりお見舞い申し上げます。
 昨年10月には、あべ俊子議員が外務副大臣、たかがい恵美子議員は参議院厚生労働副大臣、石田まさひろ議員は参議院厚生労働委員会委員長に就任されました。
 今後一層のご活躍を期待するとともに、看護連盟もしっかり支援してまいります。
 人生100年時代を見据えた診療報酬・介護報酬のダブル改正が昨年行われ、地域包括ケアシステムの構築に主眼が置かれました。患者さんの療養の場は、病院から施設・在宅へと移行し、複数の慢性疾患や多様な問題・課題を抱えた患者さんを、単に病気の悪化を予防するだけでなく、生活者として支え、生活の質の向上を図るという大きな役割がすべての看護師に求められてまいります。
 看護職が県民の期待に応えていくためには、看護の質向上、働き続けられる職場環境などの課題について、政策的に解決・実現することが重要です。
 看護の現場を深く理解し、制度化へと進めていくことができるのは、私たち看護の代表議員です。
 看護協会は、“看護の未来を切り開いていく”政策提言活動、看護連盟は政治力を発揮した政治活動と役割分担を担いながら協働して問題解決を図っております。
 石田まさひろ参議院議員は、「社会から信頼され会員が主役の自律した強い組織」を目指したリフォーム連盟(スローガン:ベッドサイドから政治を変える)を日本看護連盟幹事長として推進してこられました。参議院議員になられてからも、 “いい看護の答えは現場にある”と常に現場の声に真摯に耳を傾けておられます。
 “今日もいい看護ができた!!”という実感を持てる看護現場を目指し、「石田まさひろを応援する会」の会員の皆様方とこれから会員になっていただける方々とともに、一丸になって、石田まさひろ議員のイメージカラーである『赤』で県内を染め『看護の力で兵庫を日本を元気』にしていきましょう!!
 
皆様の一層のご支援よろしくお願いいたします。

 本年が皆様おひとりお一人にとって実り多きすばらしい年になりますよう、祈念申し上げます。

 

兵庫県看護連盟

〒650-0011
神戸市中央区下山手通5-5-8
(明和山手ビル)
TEL.078-382-3150
FAX.078-382-3151













・関係団体リンク