本文へスキップ
 

会長からのメッセージ

 

新しい年を迎えて


会員の皆様、新しい年を健やかにお迎えのこととお慶び申し上げます。

昨年は、皆様のお力でたかがい恵美子参議院議員を再び国会に送ることができました。
心より感謝申し上げます。
兵庫県看護連盟は、「地域医療介護総合確保法」を受け、「予防し、治し、支える」を担う看護職として、県・市町行政への働きかけが今まで以上に必要と考え、活動を勧めております。
兵庫県看護協会の平成29年度予算編成に対する最重点要望 

1.看護職員確保・定着対策の推進 
2.地域包括ケアシステムの整備の推進
に対して9月12日に兵庫県議会自由民主党議員団に、そして10月24日には神戸市会自由民主党議員団と初めての意見交換会を看護協会神戸市3地区理事、看護連盟3地区幹事同席にてご理解とご支援をお願いいたしました。また、12月1日には、看護協会、看護学校教務主任協議会とともに、各関連事業への予算編成への要望書を直接知事に提出・説明し、「地域医療介護確保基金」を上手に利用しながらの支援の約束を頂戴することができました。
兵庫県議会「看護を支援する議員の会」との恒例となりました意見交換会は、10月6日に開催致しました。看護学校教務主任協議会、日本精神科看護協会兵庫県支部、民間病院協会神戸市・西阪神支部看護部長会、東播二市二町(高砂市・加古川市・稲美町・播磨町)訪問看護ステーション連絡会の代表者より臨床の現状と課題を報告頂きました。この交流会を踏まえて、1111日には民間病院協会西阪神支部の北摂中央病院、宝塚リハビリテーション病院を視察、医療・福祉の現状を更に深く認識・理解いただくことができました。
「新たな医療のあり方を踏まえた医師・看護師等の働き方ビジョン検討会」が厚生労働省で始まりました。当検討会は、人口構造の変化や地域の実情に応じた医療提供体制の構築に資するよう、地域医療構想との整合性の確保や地域間偏在等の是正などの観点を踏まえ検討するとなっています。ますます過酷になると考えられる医療・福祉現場において、地域で県民・患者の生活を支えるには、多様な職種とのチームでの看護職が、やりがいや充実感、プライドを持って活躍できる働き方に変わることを期待しています。
新しい年が、会員皆様にとりましてより充実した年でありますよう祈念申し上げます。
引き続いてのご指導、ご支援よろしくお願いいたします



information

兵庫県看護連盟

〒650-0011
神戸市中央区下山手通5-5-8
(明和山手ビル)
TEL.078-382-3150
FAX.078-382-3151













・関係団体リンク